豊潤サジー 飲み方

まずいなんて嘘?豊潤サジージュースの【美味しい】飲み方はコレ!

 

サジーの味については、正直、あまり美味しいといえるものではありません。

 

あまりに酸っぱくてTVでも罰ゲーム用に飲まされていたりしますよね。
口コミでも、まずくて飲めないというものもちらほら見かけます。

 

サジーの健康効果がいくら高くても、まずくて飲み続けられなければ意味がありませんよね。
しかしそうはいってもサジーの健康効果を得たい!

 

そんな方に、ここでは潤サジーの味の紹介と、オススメの飲み方をご紹介します。

 

 

豊潤サジーの味は柑橘系

 

サジーの原液の味は、酸っぱい柑橘系のジュースに近いですが、匂いもちょっと気になります。

 

個性的で、なんというか…生の木の実の匂いです。
原液で飲もうとする場合、この匂いに抵抗を感じてしまうかも知れません。

 

酸っぱいもの好きな私は、匂いはともかく味についてはそれほどまずく感じず、今では原液も飲むことはできますが、それでも美味しいとは思いません(^_^;)
なので、酸っぱいものが苦手な人は、原液を飲むのは難しいかと思います。

 

そこで、オススメしたいのがサジーを「割って」飲むこと!

 

豊潤サジーの美味しい飲み方

サジーは原液で飲むことが難しくても、何かで割れば結構美味しく飲めてしまうんです。
ここではおすすめの飲み方を紹介します。

 

豊潤サジー+果汁ジュースは鉄板!

 

割り材は口コミなどでも紹介されていますが、オレンジジュースやリンゴジュースといった果汁ジュースで割って飲むと結構イケるんです。
オレンジジュースは酸っぱい感じが残ってしまうので、酸っぱいものが苦手な人は甘めのジュースで割ると飲みやすいかもしれません。

 

豊潤サジー+乳酸菌飲料は飲みやすい

 

乳酸菌飲料で割ると、うまくサジーの酸っぱさが中和されてとても飲みやすくなります。
自然な甘みになって美味しいです。

 

豊潤サジー+ヨーグルトやアイスでデザート風に!

 

ヨーグルトやアイス割りもサジーがアイスの味を引き立たせてかなり美味しい〜!

 

他にも、アイスにはハチミツを入れたりしてもいいという口コミもあり、こちらも試してみたくなっちゃいますね。
ただ、アイスは毎日だと太ってしまいそうなので、ダイエット中の人はカロリーの少ないヨーグルトがいいですね。

 

豊潤サジー+炭酸飲料でさわやかなテイストに!


私のお気に入りはコーラなどの甘めの炭酸ジュースで割る飲み方です。

 

30mlくらいのかなり少ない量でもサジーの酸っぱい味が消えて柑橘系の美味しいジュースになります。
ダイエットコーラなどだとカロリーも気になりません。

 

おすすめできない豊潤サジーの飲み方

一つ注意しておきたいのは、水やお湯割りはオススメできないということ!
酸っぱい味が薄まって増えるだけなので、よほど豊潤サジーの味が好きな人にしか飲めないかと思います。

 

豊潤サジー+牛乳はまずい?

 

あとは意外にだめなのが牛乳割りですね。

 

マイルドになりそうなイメージですが逆に酸っぱさがひきたってしまいます。
味が分離してしまうし私はあまりおすすめできません。

 

豊潤サジーはホットもおすすめ?

豊潤サジーは一回の量もそれほど多くないですし、開封後は要冷蔵なので冷蔵庫から出してそのまま冷たい状態で飲んでいる方が多いと思います。

 

でも冬などは寒いですから、冷蔵庫で冷えたドリンクを飲むより暖かい飲み物が飲みたいですよね。
そんな理由から毎日飲むという事を続けることが出来ない人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、豊潤サジーは体も温まるし免疫力も上げてくれるので、風邪やインフルエンザの流行る冬にこそ是非飲んで効果を発揮してほしいものです。

 

 

寒い冬に体を冷やさないために、または冷たい飲み物が苦手な人は、ぜひホットサジーを試してみてください。
温めると少しだけ酸味が強く感じられるので、はちみつなどを入れて甘くしてみるといいかもしれません。

 

私は寒い日は生姜湯にサジーと蜂蜜をいれて飲んでいます。
蜂蜜の甘みとサジーの酸味に生姜がマッチして飲みやすく、体を温める効果も倍増する気がします^^

 

ホットサジーを飲むときの注意点

豊潤サジーをせっかく飲むのなら、入っている栄養素をきちんと体に吸収させたいですよね?

 

しかし、栄養素の中には熱に弱いものがあるんです。
ですので、豊潤サジーをホットで飲むときには、少し注意が必要です。

 

熱に弱い栄養素。それは、ビタミンCです。

 

高温にとても弱いので、沸騰した熱湯を使ったり加熱のし過ぎには注意してください。
熱くて飲めないほど温めず、温かくそのまま飲めるくらいの40度〜50度が適温です。

 

ホットサジーはいつ飲むと効果が高い?

オススメは夜寝る前に飲むホットサジーです。
適度に暖かいサジーを飲むと体がポカポカしてきます。

 

体をしっかりと温めて眠りにつくことで寝つきもよくなりますし、寝ている間に生まれ変わるお肌にも栄養を与える事が出来ます。
翌朝スッキリ目が覚めるだけでなくお肌の違いも感じることができるかもしれませんよ。

 

料理にも使える!豊潤サジーのおすすめレシピ

 

豊潤サジーの公式サイトではサジーを使ったドリンクや料理のレシピも沢山公開されています。
あとはクックパッドにも豊潤サジーを使ったレシピがいくつか見られます。

 

サジーはドリンクとしでなく、サラダのドレッシングや料理の隠し味としても使えるのでレシピにも幅が広がりますよね。

 

私はちょっと料理に酸味がほしい時などに使いますが、ぐっと美味しくなりますし尚且つ栄養素も上がります。
ただビタミンCは熱で壊れやすいので、栄養を保ちたい人は少し冷めた状態で最後の仕上げに混ぜるといいですよ。

 

豊潤サジーの1日の摂取目安は?

豊潤サジーは、1日に何回かに分けて30〜60mlを飲むのが、おススメの飲み方です。

 

サジージュースにはレモンジュースの約10.1倍のビタミンCが含まれています。
しかし、水溶性であるビタミンCを一度に多く摂取しても、必要量以上のビタミンC は尿として排出されてしまいます。

 

そのため何回かに分けて飲むことで効率よく栄養を摂取することができます。

 

また、豊潤サジーは食品のため飲む量の上限はありません。
もっと効果がほしい時は料理やおやつなどにいれて調整してみてくださいね。

 

豊潤サジーはいつ飲むのが効果的?

通常の食事で不足しがちな栄養素を補給することができるサジージュースは、食後に飲むのがより良いです。
そうすることで、サジージュースに含まれる豊富なミネラルによって、食事で摂った栄養素もより効率よく吸収することが期待できるからです。

 

私は基本的に朝食後と夕食後に飲んでいますが、飲むのと飲まないのでは調子が違います^^

 

まとめ

 

サジーはまずいから飲めないというのはもったいない!

 

私は炭酸ジュース割りが大好きですが、毎日オレンジジュースや乳酸菌飲料割りで、味を楽しんでサジーを飲んでいますよ♪
自分好みの割り方を見付けて、毎日豊潤サジーを摂って、健康効果を実感してくださいね!

 



⇒私も飲んでいるおすすめは豊潤サジージュース!最安値ショップはこちら

 

サジージュースは子供が飲んでも大丈夫?

 

豊潤サジージュースを家族でいっしょに飲みたいという人もいるでしょう。

 

健康や美容によいジュースですから、できれば家族みんなで活用したいですよね。
でも、小さなお子さんがいる家庭だと、サジージュースは子供に飲ませても大丈夫なのかな、と不安に感じているかもしれません。

 

サジージュースは小さな子供が飲んでも良いのでしょうか?

 

結論から言うとサジージュースは子供が飲んでも問題ありません。
サジーはお薬ではなくて果物なので、子供さんが飲んでも大丈夫なんです。

 

このことは、豊潤サジージュースの公式サイトにもきちんと明記されています。
サジージュースは必須アミノ酸だけではなく、ビタミンやミネラルも含まれているので、子供さんと一緒に飲むことが推奨されているんです。

 

ですので、安心して飲ませることができますね。

 

子どもって、好き嫌いがあったり、野菜は食べてくれなくて心配になることがありますよね。
育ち盛りの子供の時期に、栄養不足になってはたいへんです。

 

でも、豊潤サジージュースは飲みやすいうえに子供にも必要な栄養素がたっぷり含まれています。
ですので、子供が好きなジュースに混ぜて飲ませたりするのもおすすめです。

 

野菜嫌いの子供でも、サジージュースを普段飲んでいるジュースに混ぜて飲ませれば、必要な栄養素をきちんと摂らせることができます。
サジーには美肌効果もあるので、アトピーなど、お肌が極端に敏感な子供さんにもいいみたいですよ。

 

子どもに豊潤サジーを飲ませるときの注意点

 

豊潤サジーは子供に飲ませるのもおすすめなんですが、どんな風に飲ませればいいのか、気になるという人もいると思います。

 

子どもに豊潤サジーを飲ませるとき、その量は大人よりも少なめにします。
大人の分量よりも3分の一くらいの量でもかまいませんが、子供の年齢によって量は調整するのがベストです。

 

私は1歳半の子供はまだ小さいので乳酸菌飲料にスプーン1杯程度を混ぜて飲ませています。

 

サジーは少しすっぱいので、子供の中には苦手に感じる子もいると思います。
でも、子供が好きなジュースやヨーグルトに混ぜると、よろこんで飲んでくれます。

 

もし、小匙1杯程度でも飲んでくれないときには、それより少ない量でも構わないでしょう。

 

少しの量から始めて、慣れてきたら徐々に増やすという方法もおすすめです。
そうすれば、無理なく飲ませることができますよね。

 

大切なことは毎日続けることですので、子供が飲みやすいように工夫してみてくださいね。

 

page top